オーソドックスですが制汗剤を使うことがエチケット

体臭と一言で言っても、やはり個人差があるものです。仕事柄、毎日多くのお客様に接しますが、やはりかなりきつい体臭をお持ちの方もいらっしゃいます。

 

特に夏場は、汗臭さを通り越して酸っぱい匂いを漂わせてくる方もおり、そういった方の接客をするときには、やはり「早く終わらせたい」と思ってしまうものです。

 

口臭を含め、体臭については、相手に不快な思いをさせないためだけではなく、自分自身のためにも私が気を付けている一のエチケットです。

 

体臭を抑えることはエチケット

 

私がしているのは、まずはオーソドックスですが制汗剤を使うことです。最近では焼きミョウバンや銀イオンを成分に入れたものなど、優れた商品があるため、夏場はもちろん冬場にも大変お世話になっています。

 

あとはボディパウダーやパウダーシートです。ボディーパウダーは持ち歩くとどうしてもかさばってしまうので、家を出る前に首筋や耳の裏など少し匂いの気になるといわれる場所につけています。

 

またパウダーシートは出先などで汗をかいた場合、すぐに使えるように持ち歩くようにしています。

 

脇などの代表的なところは制汗剤で大丈夫なのですが、やはり胸元などの汗をかきやすく、かつ人前では中々拭けない場所などに、お手洗い等でパウダーシートを使うということをしています。